December 17, 2006

千力(天丼)

名古屋市中区丸の内にある「千力(せんりき)」に行ってきました。

しお天丼というちょっと珍しい丼があり、女性客にすごい人気の店だと聞いていましたが、オープンの11時をちょっと過ぎた11:20頃店の前に行ってビックリ!
もう外にまで並んでいるではないですか。

千力2

今まで前評判が良かった店ってだいだい期待を裏切ることが多いので、またそんなことにならないかと心配していました。

が、しかし!うまい! 美味しいんですよ。ちょっと男性には小ぶりな丼ですが、大盛りにすることもできます。

千力1

個人的には天丼と言えば、ツユが好きなのですが、これはいけます。すごくさっぱりしていて女性に人気なのがよくわかりました。

写真のランチセットで800円。エビはプリプリ、素材の味がよくわかる「しお天丼」。とても美味しいですよ。

天丼の他にも、かき揚げ丼も絶品!

天丼、かき揚げ丼共に、味は「塩、ツユ、味噌」と3種類ありますので、お好みでどおぞ。でもさすがの味噌大好き人間でも天丼の味噌は勇気がなかった○| ̄|_
次回挑戦してみよっと。

■住所
名古屋市中区丸の内2−15−5 ライオンズマンション丸の内第3 1F
■営業時間
11:00〜14:30、17:00〜22:00(L.O.21:30)日、祝休(貸切は営業)
■電話
052-204-1118

☆投票ありがとうございます。上前津を全国区に!
ブログランキング何位かな? ←1日1回応援クリックお願いします

東海地方のおいしいお店、便利な施設の情報は
              「人気ブログランキング」へ

35/10/17.922,136/54/5.519


kamimaedu at 15:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!和食 

December 14, 2006

ラシックの中国名菜「陳麻婆豆腐」

栄の名古屋三越ラシック8階にある、中国名菜「陳麻婆豆腐」へ行ってきました。

陳麻婆豆腐

麻婆豆腐と言えば、今やレトルトものまであるポピュラーな中華料理だけど、元々は中国四川省の陳婆さんが考案した豆腐料理だって知ってました?

最近では一般に出回っている麻婆豆腐と中国四川省の麻婆豆腐を区別するために、「陳麻婆豆腐」ということがあるみたいで、この店はまさにその名前を店名にしたというわけ。

で、一般の麻婆豆腐と何が違うかというと、「山椒」を使っているということが一番の違い。唐辛子辛いだけでなく、山椒のピリッとくる辛さもあって、激辛だけどついつい食べてしまう。

お値段は1280円。ちょっとお高いけど二人でも十分な量があるので、二人分を頼んだと思えば逆に安いくらい。

エビチリと麻婆豆腐

そして、↑この写真にもあるように、四川料理といえばもう一つ、「エビチリ」を忘れてはいけない。

こちらも普通の中華料理屋に出てくるものとは違っていて、今まで食べていたのはエビチリもどきか?と思える程。しかも他より辛い!でもあと引く美味しさ。

私は辛いものが得意な方だが、いや〜辛かった
当然食べていると汗が流れてくる(^o^)
でも、自然と箸がいってしまう。

他にも、地鶏唐辛子炒めとか、モンゴウイカ唐辛子炒め、芝エビの唐辛子炒め・・・ 「唐辛子炒め」のオンパレードだ(^○^)
でも、単に辛いだけじゃなくコクがあってとても美味しい!

坦々麺

あと忘れていけないのが坦々麺。これもいろいろな坦々麺が世の中には出ているが、 「本場四川省のタンタン麺」とメニューに書いてあるだけあって、他とは一線を画した味である。

量は少めだけど、いろいろ食べたあとの「シメ」には丁度良いくらいの量でした。

■住所
愛知県名古屋市中区栄3-6-1 ラシック8階
■営業時間
11:00〜23:00(L.O.22:00) 不定休
■電話
052-259-6751

 

☆投票ありがとうございます。上前津を全国区に!
ブログランキング何位かな? ←1日1回応援クリックお願いします

35/9/50.853,136/54/38.162



kamimaedu at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!中華料理 

December 09, 2006

風光明媚な上前津?

今でこそ名古屋市中区上前津周辺は、オフィスビルやマンションが立ち並んでいるが、その昔はとても風光明媚な場所だったらしく、かの葛飾北斎冨獄三十六景の中で「尾州不二見原」という上前津にあった富士見原(不二見原)を描いている。

江戸時代の上前津は「前津小林村」と呼ばれ、村の大部分は水田や畑であったが、城下町に隣接していることや、「富士見原」と呼ばれる眺望の良いところがあったため、武士や町人の別荘があったり、画家の住居などが点在していて、あの尾張藩兵法指南役の柳生連也 (名は厳包(としかね)) も晩年は前津小林に屋敷を賜っていたそうです。

そして、明治の初期頃までは狐がウロウロしていたという上前津周辺も、少しずつ変化しはじめ、今の大須万松寺境内に菊人形や珍花を見せる「黄花園」や、 伊藤博文も訪れた「東陽館」という山あり、池あり、巨大な集会場あり、温泉、料理店、遊戯場等々があった大遊園施設も建てられたということです。

その後も、当時263万人もの観光客が訪れ上前津の発展に多大なる貢献をした「第10回関西府県連合共進会」や、今の東山動植物園の前身「浪越教育動物園」、百畳敷の大広間や大プール、千人風呂まであった遊園地 「名古屋新世界」など、 次々に新しい施設ができ、催し物が開かれた。

当然市電も走り、当時精進川という名前でよく氾濫する川だった現在の新堀川も、開削によって住みやすくなったということも発展につながったということだ。

こうして歴史を振り返ってみると、上前津周辺って昔は一大観光地だったんですねぇ。なんだか上前津の歴史、面白くなってきた(^o^)

今度はカメラを持って歴史探検してみよっと。

 

☆投票ありがとうございます。上前津を全国区に!

ブログランキング何位かな? ←1日1回応援クリックお願いします



December 05, 2006

上前津って?

上前津」ってご存じですか?

名古屋の地下鉄名城線や鶴舞線を使っている方ならわかると思いますが、「かみまえづ」と読みます。

場所はどの辺かというと、名古屋一の繁華街「栄(さかえ) 」の少し南になります。

地下鉄が2本交差していて、栄へも近い。パルコや松坂屋まで自転車(名古屋ではケッタと言う)で10分かかるかどうか。しかも、名古屋の秋葉原と言われる「大須」へも徒歩約10分。と、とても便利な所なのに、あまり知られていないヽ(´▽`)/

そんな上前津に育った管理人が、これから上前津周辺や中区、名古屋市内などを中心に、美味しいお店や便利な施設、地元の名所などの情報を紹介していきます。

上前津周辺を生活圏としている方はもちろんのこと、他所の方が上前津に住みたいなぁと思えるような情報の提供をしていきたいと思います。

☆投票ありがとうございます。上前津を全国区に!

ブログランキング何位かな?←1日1回応援クリックお願いします



kamimaedu at 22:09|PermalinkComments(0)clip!上前津って?